整形した後の悩みを解消|美肌はレーザー治療で実現する|ニキビ跡や毛穴の黒ずみもスッキリ
女の人

美肌はレーザー治療で実現する|ニキビ跡や毛穴の黒ずみもスッキリ

整形した後の悩みを解消

鏡を見る人

整形後の悩みを解決する

鼻の形を整形したり、鼻筋を通す為にプロテーゼを入れた人は、人工組織が破壊される事によって顔に異常が表れます。鼻の皮膚が薄くなって変色したりプロテーゼが飛び出したり、プロテーゼがグラグラしたり異物感や痛みを感じるようであれば修正が必要になります。プロテーゼは一生もつわけでは無くそして一度入れると二度は入れられないので、そのままの状態で修正を行う事が必要です。鼻にトラブルが生じたら、そのままシリコンを注入するのではなく一度プロテーゼを抜いて自己組織に入れ替える事が効果的です。トラブルの症状が出てからでは手術が困難になる可能性がある為、異常がある場合には早急に適切な処置によって改善する事が重要です。

自己組織を使用する

鼻に入れたシリコンを除去するだけでは形を維持するのが難しい為、その部分に自己組織を移植する事で形を整えられます。自己組織を摂取する方法には様々あり、耳の上の部分にある側頭筋膜を採取する方法では、施術した後に髪の毛に隠れるので傷跡が目立ちにくい特徴があります。耳の後ろの部分をカットして耳介軟骨を摂取する方法では、採取した筋膜を細かく砕いて筋膜に包む方法もあります。自己組織移植による修正方法は、人工のプロテーゼとは違い多少なりとも体に吸収されるため、自然な鼻の形に修正する事が出来ます。カウンセリングにて医師としっかり相談して、どのような施術方法が良いのかを決める事が大切であり、綺麗な鼻の形に戻す事が重要です。